お気に入りはどれ?婚約指輪の基本デザイン5つ

メインのダイヤモンドが引き立つデザイン

婚約指輪の定番デザインといえば、ダイヤモンドを一粒だけセットしたソリティアでしょう。シンプルで飽きのこないデザインが人気の秘訣。特にダイヤモンドを立て爪で詰めたデザインのもの安定した人気があります。ダイヤモンドの存在が際立つので、石の4Cにこだわるといいですよね。結婚指輪とコーディネートしやすいのも選ばれる理由の1つです。
ソリティアをより華やかにしたような印象を持つのがメレ。メインの石を引き立てるため、サイドにメレと呼ばれる0.03カラット以下の小粒ダイヤを添えたデザインです。複数のダイヤモンドがきらめくメレはメレダイヤの個数や配置によって印象がガラリと変わります。

アームにダイヤを敷き詰めるとより華やかに

アームに小さなダイヤモンドをぎっしりと並べた豪華なデザインが特徴のパヴェ。パヴェとはフランス語で「敷石」を意味します。横から見てもダイヤモンドが輝くので存在感も充分。華やかなデザインを好む方におすすめです。
サイズやカットが同じダイアモンドを一列に並べたものが「永遠」の愛を示すエタニティ。全周分石を並べたフルエタニティと半周分までのハーフエタニティとがあります。華やかかつフラットなデザインは普段使いにも最適。結婚指輪との重ねづけも素敵です。

もちろんダイヤモンド以外の石でも

ピンクやブルーなどの色がついたダイヤモンドのほか、ダイヤモンド以外の石でもサファイヤやルビーなら輝きも硬度もあるので婚約指輪としての使用にも適しています。サイドに小さなダイヤモンドを添えればより華やかな印象に。ダイヤモンドと色石の両方を楽しめるのも色石リングの特徴です。

婚約指輪を選ぶときのポイントは、購入後のメンテナンスの仕組みです。アフターメンテナンスがしっかりしていると末永く美しく使用することができます。